マンションなどで使われる立体駐車場

自動車を利用するときに使われる駐車場には、特別な機能を持ったものも存在しています。立体駐車場はマンションやデパートなどの、大きな建物で使われていて多くの車を収納できるので人気があります。この施設には自走式と機械式の二つのタイプが存在していて、それぞれ違いがあるので利用する場合は知っておくべきです。自走式は車を運転して駐車するやり方で、規模が大きな施設でよく使われています。

機械式は自動で車を移動できるもので、規模の小さなところで使われる方法です。土地活用などでも利用されている立体駐車場ですが、実際に作る場合は法律の制限も知っておく必要があります。実はこのような施設は事故が起こることがあって、人が亡くなってしまうトラブルが発生したケースも存在します。国もそのような被害に合わせた法律を作っているため、どのようなルールがあるか詳しく調べてから作る必要があります。

特に機械式のものだと制限が強くなるので、事前に情報を調べて特徴を知っておくべきです。特別な技術が使われている立体駐車場では、停電時の対応も重要になります。自走式の施設なら大きな問題になりませんが、機械式のものだと停電時に車の移動ができなってしまいます。地震が起きたときにどのようなトラブルが起こるか、調べておくのも大切で情報を得ておけば対応できます。

駐車場を利用する人が施設の機器で怪我をするなどの、トラブルへの対策もしておけばよい形で使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です